学費・奨学金

奨学金制度

東京都看護師等修学資金について

1 制度の概要
(1)制度の目的

東京都看護師等修学資金(以下「修学資金」という。)は、都内の看護師等養成施設に在学し、将来都内で看護業務に従事する意思がありながら、経済的理由により修学が困難な方に対し、修学資金を貸与することにより修学を容易にし、都内の看護職員の確保等を図ることを目的とした制度です。

(2)貸与月額、期間及び口数
奨学金貸与種別の表

※第一種と第二種の併用貸与ができます。

(3)貸与資格

次の1.から5.の要件を全て満たした者の中から選考し貸与します。

  1. 都内の保健師、助産師、看護師及び准看護師の養成施設に在学していること。又は、看護師免許を取得し都内の大学院修士課程(前期博士課程を含む。以下同じ)で看護に関する専門知識を修得しようとしていること。
  2. 成績優秀にして、かつ、心身健全であること。
  3. 経済的理由により修学困難であること。(ただし第二種は、申込の所得制限有り。)
  4. 同種の修学資金を公的機関から借り受けていないこと。(※)
  5. 卒業又は修了後、都内の指定施設等において看護業務に従事する意思を有すること。

注意:養成施設に在学する方で、すでに看護師免許を取得している場合は、保健師又は助産師免許を取得し、卒業後都内の指定施設等において保健師又は助産師として従事する意思を有することが貸与資格となります。また、就業に際して、保健師又は助産師の職務に従事しない場合は、返還の対象となります。(第二種の返還についても、通常返還期間の半分の期間内での返還になります。)

※他の公的機関から、返還免除規定のある同種の修学資金を借り受けている場合は、申し込むことができません。

(4)返還

卒業又は修了(若しくは退学等貸与終了事由が発生)した月の翌月から、月賦又は半年賦、若しくは一括払いのいずれかの方法により、別途通知する納入期限に口座振替で返還していただきます。
なお、返還期間については、第一種は、貸与期間と同期間内(大学院修士課程の方は最長10年以内)。
第二種は、免許取得後直ちに、都内で看護業務に従事した場合は貸与期間と同期間内となりますが、試験不合格及び部外従事者は、貸与期間の半分の期間内(例えば24月分貸与を受けたら、半分の12月以内)で返還していただきます。

(5)利子と延滞利子

修学資金は、無利子です。ただし返還すべき日(納期)までに返還されなかった場合、年14.6%の延滞利子が加算されます。

(6)滞納

返還金を滞納した場合、本人及び連帯保証人に対して督促、催告のほか、強制執行等の法的措置を取ることがあります。

2 返還の免除(第一種)

次の要件を満たした場合は、貸与を受けた修学資金の返還額の全部又は一部が免除されます。なお、免除を受ける場合は、所定の申請手続きが必要になります。

(1)養成施設等を卒業した年に免許を取得し、直ちに都内の指定施設で引き続き5年間看護業務に従事したとき。ただし、やむを得ない理由(看護関係の養成施設等への進学、災害、病気、出産等。以下同じ)により看護業務に従事できなかった期間を除く。
(従事期間が5年間に満たなくても、貸与期間以上看護業務に引き続き従事した場合は、一部免除の対象)

3 返還猶予

次の要件を満たした場合、それぞれに掲げる期間は、返還が猶予されます。なお、猶予を受ける場合は、所定の申請手続きが必要になります。

(1)養成施設等在学時に第一種貸与を受けた方が、卒業した年に免許を取得し、直ちに都内の指定施設で看護業務に従事したとき、免除要件を満たすまでの期間

(2)上記(1)により猶予中、若しくは返還中で、やむを得ない理由により看護業務に従事できない場合、その期間

※ 二口以上貸与を受けた方は、返還猶予の申請を行うことにより、返還時期が重ならないようにできる制度があります。