学費・奨学金

令和4年度 東京都看護師等修学資金について

 東京都看護師等修学資金とは、卒業後都内で看護業務に従事することを希望している学生の修学を支援するための、東京都の「看護師等修学資金貸与制度(貸付制度)」になります。

令和4年4月1日より、東京都看護師等修学資金貸与条例及び施行規則が一部改正されることになりました。
令和3年7月時点で判明している新制度の内容のみ、記載させていただきます。
その他詳細に関しましては東京都より追加通知があり次第、HP上にて更新いたします。

(1)申込資格

 都内の養成施設または大学院に在学し、かつ将来、都内において看護業務に従事しようと
 するもの

(2)貸与月額および返済免除要件

 貸与者本人が貸与月額を選ぶことができます。

貸与月額 在学中の貸与合計額 返還免除要件
25,000円 1年コースであれば、
25,000円×12ヶ月=300,000円

2年コースであれば、
25,000円×24ヶ月=600,000円
都内施設で助産師として
5年勤務すると、全額返還免除
50,000円 1年コースであれば、
50,000円×12ヶ月=600,000円

2年コースであれば、
50,000円×24ヶ月=1,200,000円
①都内施設で助産師として
5年勤務すると、
25,000円×貸与月数分が返還免除

指定施設で助産師として
5年勤務すると、
全額返還免除
75,000円 1年コースであれば、
75,000円×12ヶ月=900,000円

2年コースであれば、
75,000円×24ヶ月=1,800,000円
①都内施設で助産師として
5年勤務すると、
25,000円×貸与月数分が返還免除

指定施設で助産師として
5年勤務すると、
50,000円×貸与月数分が返還免除

指定施設で助産師として
7年勤務すると、
全額返還免除
100,000円 1年コースであれば、
100,000円×12ヶ月=1,200,000円

2年コースであれば、
100,000円×24ヶ月=2,400,000円
①都内施設で助産師として
5年勤務すると、
25,000円×貸与月数分が返還免除

指定施設で助産師として
5年勤務すると、
50,000円×貸与月数分が返還免除

指定施設で助産師として
7年勤務すると、
75,000円×貸与月額分が返還免除

指定施設は東京都福祉保健局のHP上にて確認することができます。
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/shikaku/syugaku/shisetsu.html
※指定施設の拡大も予定されています。令和3年7月時点では具体的な施設名は不明です。

(3)返還期間

 返還免除要件に該当しなかった場合、もしくは全額返還免除ではなかった場合は、以下の期間で返還していただくことになります。

貸与月額 在学中の貸与合計額 返還期間
25,000円 1年コースであれば、
25,000円×12ヶ月=300,000円

2年コースであれば、
25,000円×24ヶ月=600,000円
貸与期間と同期間内に返還
・1年コースであれば、1年
・2年コースであれば、2年
50,000円 1年コースであれば、
50,000円×12ヶ月=600,000円

2年コースであれば、
50,000円×24ヶ月=1,200,000円
貸与期間と同期間内に返還
・1年コースであれば、1年
・2年コースであれば、2年
75,000円 1年コースであれば、
75,000円×12ヶ月=900,000円

2年コースであれば、
75,000円×24ヶ月=1,800,000円
貸与期間の1.5倍の期間内に返還
・1年コースであれば、1年6ヶ月
・2年コースであれば、3年
100,000円 1年コースであれば、
100,000円×12ヶ月=1,200,000円

2年コースであれば、
100,000円×24ヶ月=2,400,000円
貸与期間の2倍の期間内に返還
・1年コースであれば、2年
・2年コースであれば、4年